クリニックコラム - 新宿のコンビニクリニックは新宿駅前クリニック | 皮膚科 内科 泌尿器科

HOME アクセス 電話する

ピロリ菌(内科領域)

最近ではピロリ菌の検査をしましょうという啓蒙活動を目にする機会も多くなってきました。ピロリ菌が発見されたのは1980年代に入ってからであり、ここ最近の話です。胃の中にピロリ菌がいる場合には早期に除菌することが重要です。そ […]

つづきを読む ≫

ステロイド(皮膚科領域)

アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患に対して外用剤として使用することをイメージする方も多いかと思います。しかし、医療の現場ではステロイドの外用剤以外にも疾患によって内服や点眼などさまざまな場面で使用されます。ステロイドは副作用 […]

つづきを読む ≫

淋病の症状(泌尿器科領域)

淋病は淋菌による性感染症です。 淋病は世界中に存在しており、日本でも感染者数の多い身近な性感染症です。 淋病を放置すると、男女ともに不妊の原因となります。 さらに最近の研究では、淋病に感染しているとエイズウイルスにも感染 […]

つづきを読む ≫

淋病の検査内容と手順(泌尿器科領域)

淋菌感染症(淋病)は性交渉で感染する性感染症です。 淋病は世界中に存在しており、日本でも感染者数の多い性感染症です。 淋病を放置すると、不妊の原因となります。 さらに最近の研究では、淋病に感染しているとエイズウイルスも感 […]

つづきを読む ≫

花粉症(皮膚科領域)

花粉症とは、花粉によって引き起こされるアレルギー疾患で、主な症状は鼻炎と結膜炎(目のかゆみ)です。 日本人の約20%が花粉症と推定されており、 花粉症患者さんの約80%はスギ花粉が原因といわれています。 花粉症の症状 花 […]

つづきを読む ≫

手足口病(皮膚科領域)

ヘルパンギーナやプール熱と共に知られる、夏に流行する感染症のひとつです。 近年では数年に一度大流行するために話題となっています。 子どもの病気として有名ですが、実は大人でも手足口病にかかることがあります。 大人がかかると […]

つづきを読む ≫

発熱(内科領域)

体温は1日の内でも変動しており、夜間睡眠中に低下し、夕方頃にかけて上昇します。 このような日内変動は約1度程度あるものです。 個人差がありますが、発熱とは体温が37.0~37.5度以上に上昇することです。 37.0~38 […]

つづきを読む ≫

性病の治療と治療期間について(泌尿器科領域)

性感染症(性病)は、性行為によって感染する病気の総称です。 性病はパートナーにも感染させてしまうため、早期に適切な治療を行うことが重要です。 放置すると女性の場合は母子感染や不妊、男性の場合は精巣上体炎や男性不妊の原因と […]

つづきを読む ≫

気管支喘息(内科耳鼻科領域)

気管支喘息とは、空気の通り道である気道が、炎症により狭くなり呼吸が苦しくなる病気です。 子どもの病気と思われがちですが大人になって発症することもあり、40代になって発症することも稀ではありません。 喘息による症状は辛く、 […]

つづきを読む ≫

感染性胃腸炎(内科領域)

ウイルスや細菌などの病原微生物に汚染された食べ物を摂取すると、胃や腸の中で微生物が増殖したり、毒素を放出することがあります。 これにより、嘔吐や下痢などの症状を発症するものを感染性胃腸炎(腸管感染症、嘔吐下痢症)と言いま […]

つづきを読む ≫